ありがとう投信の評判|ファンドの特徴や運用実績を解説

投資信託

投資信託の中では運用歴が長いありがとう投信。

ありがとう投信はファンドオブファンズの形態をとっています。ファンドオブファンズとは、「ファンド」に投資するファンドです。

複数社のファンドに投資し、その先のファンドがさらに株、債券、金などへ投資するので、投資先が見かけ以上に多くなり、リスクを回避しやすい投資手法です。

さらに、ありがとう投信は金融商品以外のサービスも充実しており、相続、税金、法律の相談も受けています。

ありがとう投信とは

ありがとう投信は2004年からサービスを開始しており、投資信託の黎明期から運営しています。大手金融機関の制約を受けることなく、長期で低リスクの運用をしています。

運営会社

税理士や公認会計士が中心となって設立された投資ファンドです。大手金融機関とは分け隔たれた独立系資産運用会社として、ライフプランの提案や作成をする「FP(ファイナンシャルプランナー)サービス」や税金、法律問題、相続など包括的な相談を受けているのが特徴的です。

 

社名
ありがとう投信株式会社
役員
代表取締役社長 長谷 俊介
取締役会長 石塚 久美雄(税理士)
取締役 内田 延佳(税理士)
取締役 押田 邦夫(税理士)
取締役 玉木 祥夫(税理士)
監査役 上野 茂樹(税理士)
監査役 小野瀬 益夫(税理士、公認会計士)
投資対象地域 グローバル
投資形態
ファンド・オブ・ファンズ
所在地
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-15-9 The Kanda 282 3F
連絡先
電話(代表)03-5295-8030
FAX(代表)03-5295-8031
設立 2004年3月9日
資本金 2億6500万円
登録番号
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第304号
加入団体
一般社団法人 投資信託協会 

純資産額

1176000万(20205月時点

ありがとう投信の純資産額は、中規模程の純資産額です。純資産は多いところで3兆円、少ないところで10億円とファンドによって差がでます。

ありがとう投信は一口5000円と少額から購入できるファンドとしては多いです。膨大な金額の投資ではなく、小さくても運用していきたい人に向いたファンドですね。

かざま
かざま
独立系投資信託はファンド側も規模を追い求めていない場合も多いです。規模が大きい=人気投信であり、投資はみんなと同じ事をすると負けるわけですから、一概に純資産額が大きいから安心ではないですからね。

ビジョン

国際分散投資のもと、世界経済の成長に則った資産運用をしています。景気にはあまり左右されない、持続的で安定的な利益成長を目指しています。国際分散投資により、相場下落局面でもリスクを抑えながら長期的な利益をめざします。

「長期投資でお客さまの将来不安を解消し、資産運用を一生涯サポートする」と営業理念を掲げ、独立系運用資産会社ならではの一人一人に寄り添った提案が可能です。

S&P500のように過去十年間成長している市場や、インドや他の途上国のように人口が増えている市場への投資は、ドルコスト平均法によって安全に資産運用が可能です。

とくに経済は人口動態に比例するとも言われていますから、日本国内よりも人口の増えている海外、また世界的IT企業やITベンチャーが多く生まれるアメリカ市場への投資は理にかなっていますね。

あとは日本国内のインフレに負けないように海外投資の利回りが一定以上あれば確実に資産は増えていきます。

ありがとう投信も国際分散投資という事ですから、海外市場での成長、またリスク分散を行ってくれているので、安心して任せられますね。

ありがとう投信の特徴は4つ

特徴1.国際分散投資

日本は経済的に成熟しており、日本への投資は資産運用としては不向きな傾向にあります。ありがとう投信は今後成長が見込まれる国・地域の成長性に注目し、効率的に投資していきます。複数国の企業に分散投資をするのでリスクを最小に抑えることが可能です。

投資先の企業も長期的に資産を形成するのにふさわしい企業を厳選しています。成長性があり、高クオリティの企業を世界中から厳選することにより、健全な資産運用を目標としています。

特徴2.定期換金サービス

60歳以上の方や、障害者手帳をお持ちの方は定期的に換金できるサービスが利用できます。資産運用を継続しながら、運用収益の一部を切り崩すことができます。老後の資産運用と利用を両立できるので、収入が無くなってからの投資貧乏の回避が可能です。

このサービスを利用して年金の替わりに資産運用をする利用者もいます。

かざま
かざま
これは独立系ならではのサービスですね!

特徴3.FP(ファイナンシャルプラン)サービス

ありがとう投信にはファイナンシャルプランを相談できるサービスがあります。ありがとう投信に口座を開設していれば、誰でも利用できるサービスです。

家計の収支、シミュレーションに基づく分析からライフプラン提案書の作成まで行っています。

かざま
かざま
一般的なFPは保険商品を売ることを前提に話をしてきますので、「投資」のプロがお金の相談にのってくれるのは非常に心強いですね。

特徴4.39コンシェルジュサービス

相続・税金・法律問題など一人一人に寄り添い問題解決のお手伝いをするサービスです。相続税の手続き、申告、相続税対策、税務申告相談、法律問題の相談など幅広く対応しています。

かざま
かざま
一般的なFPなら保険の相談や家計の相談は乗ってもらえますが、相続の相談となると専門家への相談は非常にハードルが高いです。その点このサービスは一定以上の資産をお持ちの方であれば非常に有効的なサービスですね。

ありがとう投信のファンド情報

ありがとう投信の投資スキーム

「ファンド・オブ・ファンズ」のスキーム(投資形態)をとっています。

ありがとう投信はファンドに投資します。そのファンドが株式や債券に投資して出した利益を間接的に享受します

ファンド・オブ・ファンズのメリット

投資先が広くなり、リスクを抑えることが出来ます。

例えば、ありがとう投信がファンドAに投資したとします。ファンドAが10社投資していたら、ありがとう投信は間接的に10社へ投資していることになります。10社のうち1社が倒産したとしても、ファンドAの運用益は減りますが、ありがとう投信へのダメージは少ないです。

ファンド・オブ・ファンズのデメリット

二重のコストがかかる

ファンドの性質上、運用益が全て投資者のものにはなりません。ファンド自体の運用コストや手数料がかかるからです。

出資先のファンドが出した利益から出資先のファンドの運用費が引かれ、ありがとう投信の運用費が引かれ、その残りが出資者の取り分です。

リスクが低い分、資産に対しての利益の効率は低めです。

投資ポートフォリオ

アライアンス・バーンスタイン-アメリカン・グロース・ポートフォリオ 先進国株式(米国) 18.2%
アリアンツ・ユーロランド・エクイティ・グロース 先進国株式(欧州) 15.7%
アリアンツ・ヨーロッパ・エクイティ・グロース・セレクト 先進国株式(欧州) 13.4%
アライアンス・バーンスタイン-エマージング・マーケッツ・マルチアセット・ポートフォリオ 新興国株式及び債券 11.0%
アバディーン・スタンダード・ノースアメリカン・スモーラーカンパニーズ・ファンド 北米小型株式 10.7%
アライアンス・バーンスタイン-エマージング・マーケッツ・ロウ・ボラティリティ・エクイティ・ポートフォリオ 新興国株式 9.8%
アバディーン・スタンダード-エマージング・マーケッツ・スモーラーカンパニーズ・ファンド 新興国小型株式 8.9%
コムジェスト日本株式ファンド 日本株式 6.4%
iシェアーズ ゴールド・トラスト 金ETF 3.2%

必要な手数料

ありがとう投信に必要な手数料は以下の通り申し込み手数料:無料

購入時手数料:無料

換金手数料:無料

信託財産留保額:無料

運用管理費用(信託報酬):0.972%(税抜き0.9%)/年

 

一点だけ注意点があり、ファンド・オブ・ファンズ形態のため、二重に手数料がかかっています。

ありがとう投信の先にあるファンドにおいても手数料がかかるわけですから、

利回りから手数料を引いた実質利回りを見るようにしましょう。

ありがとう投信の利回りとリスク。ゆうちょ銀行との比較

ありがとう投信はローリスクローリターンの投資手法をとっており、その利益が分かりにくいです。しかし、銀行に預けておくよりも、投信に回した方が資産を有効活用できます。

同じくローリスクを取るのであれば、投資信託を活用してみてはいかがでしょう。

ここでは日本の代表的な銀行としてゆうちょ銀行と比較します。

ありがとう投信の利回り

期間 1 3 5 10
リターン -8.33 +0.96 +2.70 60.43
リターン(年率) -8.33 +0.32 +0.54 6.43
リスク(年率) 25.70 17.10 15.97 15.26

ここ1年の運用実績はマイナスです。3年、5年、10年と運用が伸びていくにつれて年率も良いものとなっています。

長期分散投資の強みらしい結果がでています。

短期での購入よりも、長い年月をかけてじっくりとした投資向きです。

ゆうちょ銀行利回り

期間 金利
6月以上1年未満 0.002%[0.002%]
1年以上1年6月未満 0.002%[0.002%]
1年6月以上2年未満 0.002%[0.002%]
2年以上2年6月未満 0.002%[0.002%]
2年6月以上3年未満 0.002%[0.002%]
3年以上 0.002%[0.002%]
(参考)5年 [0.002%]
(参考)10年 [0.002%]

金利は0.002%/年ですね。

マイナスになることはありませんが、これではいつまで経ってもお金は増えません。

 ありがとう投信とゆうちょ銀行の定期預金を比較

ありがとう投信も定期預金も長期運用が前提のサービスですから、

10年スパンでみてみましょう。

  • ありがとう投信:60.43%
  • ゆうちょ定期預金:0.02%

ということで、定期預金よりも投資をする方がいいということがわかりますね。

ありがとう投信の始め方/購入方法

ありがとう投信は3ステップで始められます。特定口座とWEBシステムについてもご紹介します。

ステップ1.口座を開設する

ありがとう投信に口座を開設するには、口座開設の資料を請求します。
口座開設資料が届いたら、必要書類を添付して発送します。 

必ず提出する書類

・総合取引口座の申込書

・本人確認書類

・マイナンバー確認書類 

定期積立サービスをご利用の場合に追加で提出する書類

・定期積立サービスの利用申込書

・預金口座振替依頼書 

こども口座(未成年)開設の場合に追加で提出する書類

・未成年者の取引同意書

・親権者の本人確認書類

ステップ2.口座開設完了

ありがとう投信で提出書類が確認されたら、口座開設手続きを行います。

開設手続き後、『総合取引口座お客さま控え』が送付されます。

『総合取引口座お客さま控え』のお受け取りをもって、開設の手続きは完了となります。

ステップ3.取引の開始

ありがとう投信の金融商品を購入できます。定期積立サービスと分割購入サービスは別途申し込みが必要です。スポット購入は口座を開設するだけで購入可能です。  

ありがとう投信の一般口座と特定口座

特定口座は、確定申告により利用者の事務負担を減らせる場合があります。

申告分離課税ですので、解約の際に利益が発生した場合、確定申告による納税が必要です。

 特定口座を開設した場合、源泉徴収の有無を毎年選択でき、年間取引報告書が送付されます。

源泉徴収を無しにした場合、ご自身で確定申告が必要になります。

株式の譲渡損失などにより損益通算を行うことができるので、節税できる場合があります。

ありがとう投信の解約方法

ありがとう投信の解約方法は、全額解約と一部解約の二種類あります。

解約は本人の電話のみでしか受けていません。

ありがとう投信のWEBシステム

ありがとう投信ではスマホやPCでいつでも口座情報が確認できます。WEBシステムは事前登録が必要です。

注意:一般口座と特定口座はそれぞれ登録する必要があります。口座番号が異なるため、同一のメールアドレスで登録はできません。 

WEBシステムでできること

・保有残高の確認

・評価金額の確認

・取引履歴の確認

・取引報告書の閲覧

・取引残高報告書の閲覧

ステップ1.電話をする。

解約は一円以上から一円単位で受け付けています。

本人確認に必要なものは手元に用意しておくとスムーズに解約できます。

解約の電話に必要なもの

・ありがとう投信の口座番号

・氏名

・住所

・生年月日

・登録振り込み先の口座情報

ステップ2.取引報告書の交付

申込日の翌々営業日の基準価額にて換金されます。その後取引の詳細が記載された取引報告書が交付されます。

ステップ3.入金完了

申し込み日を一日目として、6営業日に登録されている口座に振り込まれます。

ありがとう投信のクチコミ

ありがとう投信を実際に利用している人の生の声はどうでしょうか。いくつかご紹介します。投信を選ぶ際の参考にしてみて下さい。

・独立系で使いやすいです  

大手の運用会社よりも、運用方針や投資哲学も分かりやすいし、販売手数料も無料で長期的に見て節約できるというのも嬉しいなと思います。直接運営者の顔を見ることができるので、より信頼できて心強いなと思えるし、初心者で基本もわからない状態でも丁寧に教えてもらえました。先のことなのでどうなるかわからないなという不安も最初はありましたが、話している間に安心して任せようと思えるようになりました。

 

・運用効率は低いものの長期運用を行うには適したファンド

このファンドに決めたのは定期積立コースがあって、金額も自分の給料でも余裕で積立てられそうな額だったからです。資料を請求する際は電話でも可能なのですが、私はネットから資料請求してみました。それから必要書類を送って口座開設ですが、手続きは案外スムーズにいってます。実際に運用してみると、長期運用の為か若干効率が劣る気がしますが、信託報酬以外のコストがかからないので、気長に続けると良い気がします。

 

定期的に買い増しを検討したい

信託報酬料に関しては他の独立系ファンドと大きな差はありませんが、申込手数料や販売手数料が無料という点が気に入って購入しました。何故なら売り買いにコストがかからないということは、定期的な買い増しをするなど、投資信託を購入するうえで大きなメリットになると考えたからです。そしてこのファンドは、幅広い世界への分散投資が特徴であるため、長期保有して資産を増やしていくには適しているのかなと考えています。今後は時価などをしっかりチェックしながら、定期的に買い増しを検討したいですね。 

 

長期間の投資に非常に便利!

やってよかったと思います。まずは少額からでも始められるので、投資に対する感覚をじっくり掴むことができたのが、自分にとっては大きなプラスポイントでした!セミナーや相談会も充実していて、プロの声が生で聴けたのも、モチベーションを保つのに役立ちました。慣れてきたら、海外への投資も経験したのですが、こちらも分散投資のシステムが整っていたので、安心感と共に、少しずつ自分の資産を増やせました!

 

ありがとう投信は最低5000円から運用を始められる

 ありがとう投信の金融商品は大きく分けて三種類あります。ご自身の投資スタイルに合わせて選びましょう。

小口での投資ができるのも魅力の一つです。 

定期積立コース(毎月積み立て)

毎月5000円以上から積み立てます。毎月6日に自動で引き落としが完了します。

ありがとう投信の口座とは別に、積み立てサービスの申し込みが必要です。

分割購入サービス

一定金額を分けて購入できます。自動的に指定の期間のみ毎月購入いたします。

ありがとう投信の口座とは別に、分割購入サービスの申し込みが必要です。

スポット購入

ありがとう投信の口座に振り込むことで、好きなタイミングで購入できます。5000円から振り込むことができ、新たな申し込みは不要です。

まとめ

・アフターサービスが充実

・長期分散投資によるリスク回避が強み

・利回りは高いわけではない

5000円から柔軟に積み立てができる

 

独立系資産運用の企業らしく、金融商品以外の相談などアフターサービスが充実しています。

利回りは高いわけではないけれど、リスクを回避した長期分散投資の運用体系は、会社の倒産など購入者の不安を和らげてくれます。

5000円と小口から積み立てられるので、投信を始めてみたい人の入り口となるでしょう。

気軽に低リスクで金融商品を購入したい人におすすめの投信です。

 

タイトルとURLをコピーしました