ジュビリーエース(Jubilee ace)は詐欺?怪しい?評判・口コミ情報

ファンド

2019年5月の正式スタート以来、認知度が高まりつつあるジュビリーエース。月利20%以上の高利回りアービトラージ案件として注目が高まっています。この記事を読まれてる方も勧誘されたのではないでしょうか。

アービトラージを謳う詐欺案件は非常に多いため、胡散臭い、詐欺、怪しいとさんざんな叩かれようで、みているこっちが可哀想になるくらい叩かれています笑

この記事では、ジュビリーエースの投資案件はどんな内容なのか、どのような運用を行っており、利回りはどうなっているのか等を見ていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

この記事でお伝えすること

ジュビリーエースは始めなくて良い

ジュビリーエースとは

ジュビリーエースは、アービトラージ取引による投資案件です。出資者を募り、集めた資金をアービトラージ取引にて運用しています。そこから得た利益を出資者に分配する投資案件です。安定した配当、高利回りなどといったキャッチーな触れ込みで人気を集めている投資案件の1つです。

運営会社情報

下記公式サイトから抜粋です。

Jubilee Ace Limitedは、最小のリスクで最大の収益を上げることに特化した、アービトラージ中心の企業です。

2018年イギリス領ヴァージン諸島で払込資本金 5,000万米ドルで設立したJubilee Ace Limitedは、金融とスポーツの幅広い領域におけるアービトラージに特化した先進的なデータ分析企業です。

ジュビリーエースの創業は2018年です。シンガポールの投資家ボビー氏によって、2018年にイギリス領ヴァージン諸島にて生まれた会社です。Jubilee Ace Limitedが運営を行い、2019年6月に中国マカオにてサービスがローンチされています。ボビー氏は、シンガポールの世界的名門大学を経て、オーバーシー・チャイニーズ銀行に勤務しているなど、シンガポールでは、富豪、投資家として知られる人物です。

会社名
ジュビリーエース
住所
深圳市福田区沙头街天安社区泰然四路29号天安创新科技广场一期A座705F
電話 +356 2546 6666

まず、運営会社情報が上記しか判明しませんでした。代表者が公式サイトに載っていませんね。

中国の深圳に本社があるようですが、こちらはバーチャルオフィスのようです。

建物調べてみたところ下記の建物ですね。

私もオフィスにお邪魔していませんので、実際に確認はしていませんが。

ドメイン取得は株式会社アンダーライズ

ジュビリーエースは中国の案件だそうですが、日本語サイトが用意されています。

そちらのドメインはジュビリーエース本体ではなく、株式会社アンダーライズという会社がお名前ドットコムで取得しているようです。

アンダーラーズ社の情報は下記の通り。

ドメインは基本運営会社自らが取得するものだと思いますが、ちょっと不思議ですね。

商号又は名称 アンダーライズ株式会社
商号又は名称(読み仮名)
法人番号 1030001096397
法人種別 株式会社
郵便番号 〒352-0014
国内所在地(都道府県) 埼玉県
国内所在地(市区町村) 新座市
国内所在地(丁目番地等) 栄4丁目3番22号コーポ都民農園305号室
国内所在地(1行表示) 埼玉県新座市栄4丁目3番22号コーポ都民農園305号室
国内所在地(読み仮名) サイタマケンニイザシサカエ4チョウメ
更新年月日 2015年11月06日
変更年月日 2015年10月05日
法人番号指定年月日 2015年10月05日

投資案件について

ジュビリーエースは、小口投資家向けのアービトラージ投資案件です。月利20%を超える高利回り投資案件として注目を集め、世界中から多くの資金を集めています。

世界最大手の取引所「BINANCE」を使ったアービトラージ取引が中心です。BINANCE内でも特に価格差の大きな3つの通貨に絞り、そこから差額を利益として得ているようです。ビットコインなどの仮想通貨の取り扱いがメインで、そのほかにもスポーツベッティング、先物取引などに応用し利益をあげています。

MLM式の報酬体系

ジュビリーエースは1,000ドルから投資をすることができ、非常に参入ハードルが低いです。

また、ジュビリーエースに人を勧誘することで、報酬の率をあげ、大きく稼ぐことができるとのこと。

詳細はこちらのパワーポイントに乗っています。

http://jubileeace.jp/dl/bonusplan.pdf

ビジョン

ビジョン:高速でデータ処理と正確なオーダー執行を行うことのできる世界最大のアービトラージ ハブになる。

ミッション:最小のリスクで利益を最大化する究極のトレーディング ソリューションを顧客に提供する。

ジュビリーエースのミッションとビジョンはこちらですね。
投資家としては非常に心強いミッションだと思います。

一方、紹介者の文句として、

  • しっかりビジョンがある企業は詐欺をしない
  • 会社の出口戦略が決まっているから、集めるお金も上限を設けているから本物だ

といったことが挙げられます。全く理屈が通らないので、スルーしましょう。

  • そもそも中国のバーチャルオフィスで確認ができない
  • 日本語サイトのドメインを自社でとっていない
  • AI開発の企業がサイトをSSL化していない理由

を教えてもらいたいですね。

中国からのアクセスが全然ない!?

調べていてだんだん怪しくなってきたので、公式サイトのアクセス元の国を調査してみました。

  • 1位ドイツ
  • 2位日本
  • 3位アメリカ

となっています。そして何故か中国からの流入が上位に入っていません。

開発国内では販売できない理由があるのでしょうか?気になるところです。

 

ジュビリーエースの投資案件の特徴は?

ジュビリーエースの特徴は下記の通りです。

勧誘の際に受けた情報であり、真偽は確認できていません。

AIを活用した取引

ジュビリーエースの特徴として、独自のAIを活用して取引を行なっている点があります。人間では実施できない膨大な数の取引を、AIを使って高速で行っているようです。人間が手動で行うことが難しい素早い取引と、膨大な数の取引を行うことで、高い利回り、安定した利益を実現する、とうたっています。

現金での入金は不可

ジュビリーエースのアービトラージでは、現金での入金は出来ません。入金も出金もビットコインでのやり取りになります。出資する際には、直接現金で入金するのはなく、一度国内の仮想通貨取引所を介して現金をビットコインに変えます。そのビットコインをジュビリーエースに入金する、という流れになります。

出金は条件付きで可能

ジュビリーエースの最低出金可能金額は、100ドル以上となっています。出金単位は100ドル単位で、先にお伝えしたとおり、現金ではなくビットコインにて行われます。

注意すべきは手数料の高さです。出金手数料は10%とかなり高額なので、計画的に出金を行う必要があります。出金日数に関しては、ビットコインで行うこともあり、数週間かかることもあるようです。出資者の口コミには「出金できなくはないが、非常にやりにくい」「時間がかかる」という声も目立ちます。

ジュビリーエースについて気をつけること

ジュビリーエースは、高利回りで安定した投資案件として注目を集める一方、インターネット上の口コミには、「怪しい」「詐欺だ」といったネガディブな声も目立ちます。私も調べていて疑問点がうかんだので、列挙していきます。

銀行から集めれば良いのでは?

私はもしかしたら詳しく理解していないだけかもしれませんが、投資案件で紹介者制度が必要な理由が不明です。

また紹介者制度の存在は、会社のビジョンやミッションをかけ離れた行為ですし、そもそも大勢から最低10万円の出資金を募る理由も不明です。

ジュビリーエースは5,000万米ドル、日本円にして50億円の資本で設立されています。

50億円という巨大な資本で設立されているのであれば、そのうちの10億円でも運用に回せば、月利20%で毎月2億円の利益が出せます。

一方最低10万円の投資を受け付けて10億円を集めようとすると、1万人の投資家を集める必要があります。1万人の口座を管理し、報酬の受付・払い出し、集めるための営業マン教育、営業資料のブラッシュアップ、プロモーションを行うことは、かなりの工数がかかります。そこに紹介者ボーナスも入ってくるので、報酬計算も尋常ではありません。その工数をとるくらいなら、銀行から1億円の融資を引っ張る方が、営業コスト、管理コスト、また融資の利率をみても非常に効率的なはず。

この点に関しては、ジュビリーエースにかかるコストを上回ってあまりある利点があると到底思えません。

突っ込みどころが非常に多い!

  • 日本語サイトのドメインを自社でとっていない理由
  • 開発国である中国からのアクセスが少なく、なぜかドイツと日本からのアクセスが多い
  • 登記場所がバーチャルオフィス
  • 一般投資家から集めるジュビリーエースのメリットが不明

風間はこういった理由でジュビリーエースの投資は見送っています。

ハイプ案件だから怪しい

ハイプとは、少ない資金で大きな利回りを得るハイリターンな投資のことを言います。世間一般では「高利回りをうたう案件=怪しいハイプ案件」というイメージがあります。詐欺だと疑われる案件の中には、入金後連絡が取れなくなる案件も多いことから、高い利回りをうたう案件は詐欺案件の可能性が高いと言われるのです。

ジュビリーエースも高利回りをうたっていることから、ハイプ案件だと言われているようです。ただし2020年4月時点では、これまでに支払いが止まったなどの事例はないことから、今の所は「ハイプ案件ではない」と判断できるでしょう。ジュビリーエースでは2021年までの事業計画や、HP上に経営陣の情報を掲載されています。こうした情報開示や、事業目的が公開されていることは、よくある詐欺案件にはない特徴です。

かざま
かざま
ハイプだから危ないというのは確かに偏見です。しかし今回は突っ込みどころが多すぎてなんとも。。

アービトラージだから詐欺

アービトラージ案件には、詐欺案件が多くあります。アービトラージ取引は、理論上負けない取引です。それゆえ、資金集めのために、机上の空論を並べるだけの詐欺案件も横行しています。

また、アービトラージ案件が胡散臭いと疑われるのは、「アービトラージとうたっていながら、実際にはアービトラージで運用してない」という案件が少なからずあることも理由となっています。ジュビリーエースについては、管理画面からアービトラージの様子を確認することができるようです。

かざま
かざま
その疑いが出る時点で難しいです。

自社ツールの公開

2020年から、自社取引所で使用できるMyAQUA(マイアクア)という取引ツールが公開されています。このツールについても「勝てない詐欺ツールだ」という口コミもあるようですが、公開から日数が浅くまだ判断はできません。

こちらも営業トークに使われていまして、

自社ツールを公開する透明性の高い企業が詐欺をするわけがない!

といったトークです。言いたいことは分かりますが、そうも言い切れない、というのが私の感想です。

怪しい人物との関わり

日本では玉井暁氏という人物が、ジュビリーエースの普及活動を行っており、実際に玉井氏経由で知る人も少なくないようです。2019年以降、玉井氏の活動により国内でも気軽に投資できる案件として注目を集めるようになりました。

ただし、この玉井氏という人物はかつてネットワークビジネスで得た利益を申告せず、脱税の容疑で告発された過去がある人物です。ジュビリーエースと直接的な関係がないとしても、少し胡散臭い匂いがするのも事実です。「玉井氏の紹介だから投資してみよう」などと短絡的に判断しないように注意しましょう。

ジュビリーエースは勧誘がしつこい

勧誘がしつこいことは、詐欺投資案件にありがちな特徴の1つです。本当に勝てる案件なら、特に勧誘などしなくても人が集まるからです。

ジュビリーエースにも「加入がしつこい」という声があるようですが、そこには紹介報酬が関係しているようです。元々ジュビリーエースは、完全紹介制の投資案件です。紹介でのみ、新規の投資ができるような仕組みになっています。

また、紹介者には報酬が入ることも、紹介がしつこくなる大きな要因になっています。紹介報酬は高額なため、勧誘に力を入れる人も多く、時に強引な勧誘も行われているようです。このことから「MLMっぽい」と言われることもしばしばあるようです。

ジュビリーエースのまとめ

ジュビリーエースは、アービトラージ案件ということもあってか、「怪しい」「詐欺案件」という声も多く見つかります。ただし、現状の運用状況においては過度に心配するような情報も出てきていません。まだまだ実績が浅いとはいえ、事業として順調に伸びているようです。

ただし、今の運用実績が魅力的でも、将来的にはどうなるかわかりません。事業として、会社としても成長段階にあることから、将来性に関してはまだまだ不透明な部分もあり、慎重に判断することをお勧めします。

かざま
かざま
風間個人としては投資しません。


タイトルとURLをコピーしました