スカイプレミアムは詐欺?ポンジスキーム?徹底検証します!

スカイプレミアム関連

こんにちは。風間です。

スカイプレミアムについて調べていると、

  • 怪しい
  • ポンジスキーム
  • 利回りが高すぎる
  • 一度もマイナスがないから怪しい

などとネガティブな言葉がたくさん出てくるのではないでしょうか。

私も投資しているスカイプレミアムについて、私なりの検証結果を公開していきたいと思います。

結論、リスクを許容して投資すべき、と考えています。

スカイプレミアムが詐欺と呼ばれる理由

そもそもスカイプレミアムが詐欺と呼ばれる理由は、

  • 利回りの高さ
  • 庶民に美味しい話が転がり込んでくるわけがない
  • ポンジスキームだと考えられる
  • 運用レポートが真実とは限らない

という事が主な理由です。

スカイプレミアムの利回りについて

スカイプレミアムの利回りは年々下がり続けていますが、
日本で勧誘が始まった頃は年利30%程度という高利回り案件でした。

そのため、利回りが高いのは詐欺だ!怪しい!ポンジスキームだ!という人がいて、一部のウェブ記事では詐欺案件扱いされています。

ただ、私が運用で使ってるMAMは月利で3~5%ほどの利回りとなっていて取引履歴もリアルタイムで見れるのですが、年利30%という利回りはFXではさほど無理のある数字ではないと考えています。

平均月利8%超え!抜群の安定感がある「EX2PRO」とは?評判や特徴を解説!
私は自分が持つ資産のうち結構な割合をFXによって運用しています。その中でも大きな成果を上げており、多くの資金を運用しているEX2PROというシステムについてご紹介します。

庶民に美味しい話がころがりこんでくるわけがない

スカイプレミアムが否定される理由の二つ目が、美味しい話が庶民に転がり込んでくるわけない、というものです。

確かに世間には

  • サンタンデール銀行プライベートバンク案件
  • BGS投資案件

など、明らかにロジックが破綻している詐欺案件も存在しています。

しかしスカイプレミアムは、

  • FXで運用している
  • スカイプレミアム側の手数料は完全成果報酬
  • GQFXというベリーズで金融ライセンスを取得している証券会社で取引している

など、運用面は非常にシンプルでありロジックの破綻はみられません。また証券会社のライセンスという意味でも安心できます。

ライセンスのある証券会社で運用しているということは、スカイプレミアムとGQFXが裏で手を組んでて、ある日資金を持ち逃げする、というリスクが減ると考えています。

また、

年利30%という高利回りなら世界のお金がシンガポールに集まってくる

という指摘をされているブログ記事を拝見しました。

しかしこれはかなり強引な考えだと風間は感じています。

たとえば世界最大の機関投資家である日本年金機構(GPIF)が年利30%で資産運用したら、我々日本人の年金問題は一瞬で解決しますよね笑

しかしFX投資にはリスクがつきものですから、人のお金を預かって運用する機関投資家は、やはり企業株や国債、金、不動産など、現物がある投資を行います。理由はリスクを可視化できるからですね。こういった投資は、世界情勢や人口動態、技術革新などによってある程度未来を予測できます。

一方FXはある日突然投資したお金が溶けるリスクがあり、リスクを事前に予測できません。そんな投資に世界のお金が集まるわけがないのです。

GPIFがFX取引で利回り狙うとか考えただけでもゾッとします。

かざま
かざま
GPIFがFX取引で利回り狙うとか考えただけでもゾッとします。

裏を返せば、スカイプレミアムへの投資は元本がとけてしまうリスクを許容しつつ、慎重に行うべきでしょう。

あなたは富裕層ですか?一般庶民にそんな美味しい話がくると思いますか?

という指摘もあります。

いわゆる数億円単位の資産をもつ富裕層は、大和証券などの大手証券会社から、IPO案件などの話がきます。IPO案件はほぼ確実に儲けを出せる、富裕層にしかこない美味しい話の代表格です。

こういった案件はスカイプレミアムなんかよりももっと短期間に大きな利益を出す事ができます。

かざま
かざま
証券会社は大口顧客を離したくないので、IPOはほぼこけるリスクがありません。

こう考えると、スカイプレミアムは富裕層レベルが見向きするほど魅力的な利回りではないですし、またFXですからそれなりにリスクもあります

つまり、

  • リスクを許容する必要がある
  • その分大きく資産を増やせるチャンスがある

という案件は、庶民にこそ魅力的に映ります。だからこそ入金額は100万円からとハードルが低く設定されていて、あなたのもとに話が来るわけです。

スカイプレミアムはポンジスキームではない

三つ目がポンジスキームである、という指摘です。

ポンジスキームについては、過去にエクシアの記事で説明しています。

スカイプレミアムがポンジスキームだと言われる理由は、

  • 利回りが高すぎる
  • 庶民に美味しい話が来るはずがない

というところから、詐欺案件=ポンジスキームという考えられ方です。

もちろん一部の人の意見ですし、風間は違うと考えています。

理由は、先ほど述べた様に利回りについても庶民に美味しい話が〜という点についても説明がつきます。

そしてなにより、スカイプレミアムがポンジスキームだった場合、GQFXとグルでないといけません。投資資金はGQFXの口座に入っていますからね。

しかしGQFXはベリーズという国の金融ライセンスを取得していますから、詐欺に加担するようなことはしないはずです。

  • ベリーズなんて国は知らない!
  • それでも詐欺をする可能性がある!

疑り深い方はそこすらも心配すると思います。そういった方はスカイプレミアムへの投資は見送った方が良いでしょう。正直金融ライセンスを疑いはじめたら、日本の投資信託だって投資できません。

運用レポートが真実とは限らない

四つ目が、運用レポートです。

スカイプレミアムは会員専用サイトから運用レポートを見る事ができます。

ただここで注意が必要なのが、口座の生の数値と一致しているという証拠がないという点です。

端的に言えば、運用レポートの数値が捏造されている可能性がある、という点ことです。

GQFXはベリーズで金融ライセンスを取得していますが、スカイプレミアムはシンガポールの金融ライセンスを取得しているわけではありません。ですから運用の開示義務がないため、レポートの数値が操作されている可能性は否定できません。

しかし、ポンジスキームの件でお伝えした通り、GQFXに投資資金が入っているわけですから、運用レポートをいじって運用結果を捏造したとしても、資金を持ち逃げすることはできません。つまり運用レポートが真実と異なっている可能性は否定できませんが、それをするメリットがスカイプレミアムにはない、と言えます。

風間がスカイプレミアムに投資する理由

ここまで書いてきたとおり、風間はスカイプレミアムは投資に値すると考えていますし、実際2,000万円ほどの金額を運用してもらっています。

年利は年々下がってきていて、2019年は年利10%強ですから増資は考えていません。それでも十分高い利回りですが笑

そして何より、スカイプレミアムの手数料の仕組みが気に入っているので、FXというリスクのある投資手法でも信頼して任せています。

スカイプレミアムの手数料は完全成果報酬

スカイプレミアムの手数料は、ハイウォーターマーク式の成果報酬40%です。

ハイウォーターマークについてはこちらの記事で解説しています。

スカイプレミアム投資案件(GQFX)は詐欺?MLM?運用手法や成績を徹底解剖!
完全紹介制の投資案件として注目を集めるスカイプレミアム。ヘッジファンドや投資信託とは違い、海外系の案件に多い「コンシェルジュサービス」のような案件ということもあり、情報収集を行う人も少なくないと思います。 日本では馴染みの浅いサービスや投資...

とにかくスカイプレミアムは投資家の資産を増やさない限り手数料を得る事ができない仕組みになっています。

日本の投資信託は販売手数料、運用手数料といって、成果にかかわらず預けている金額に比例して手数料がかかります。こういった手数料設定は日本の投資信託が儲からない原因の一つとも言われています

こういった運用に対する覚悟が見えるところが、風間は非常に気に入っています。

かざま
かざま
FXというリスクが高い運用手法でも、この手数料設定なら安心して預けられますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スカイプレミアムはネット上では賛否両論ありますが、投資金額は年々増加傾向にあります。多くの投資家が信頼してお金を預けている証拠ですね。

投資を検討する一つの材料として、本記事がお役に立てれば幸いです。

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました